千勝工業株式会社|栃木県宇都宮市|流通店舗設計|総合建設設計施工|大型店舗|リフォーム|不動産

 
 

お奨めの一冊

お奨めの一冊
 
Action! トヨタの現場の「やりきる力」
2018-10-18
トヨタでは、「ネジをしっかりしめろ!」というような言葉は使いません。トルクレンチを使う現場では、「105N・mで締める」と具体的数値が示されます。
トヨタでは、変化に対応できる4つアクションがあります。
1章「行動力」すぐ動きたくなるトヨタの現場の考え方
2章「振る舞い」結果を出す人は仕事でどのように振る舞っているのか
3章「作用」やりきる人の頭の中では何が作用しているのか 
4章「カイゼン」さらに成長するために必要なカイゼン思考とは  
5章「Action」を意識することで得られる3つのactionとは
経営者・幹部にお薦めの一冊。
 
< 原マサヒコ著 プレジデント社編 1,500円 > 
 
友だち幻想 人と人の<つながり>を考える
2018-10-04
10年前に書かれた本が今話題になっています。
2016年に亡くなった社会学者の著者が、自身の長女が小学生の時友人関係で悩んでいた事を知りともに考え、その深層に何があるかを探りまとめた名著。
人はそれぞれ違うもの。それを共同性の幻想として皆同じことをしなくてならないと教えられ、その結果、友達との軋轢が生じ、悩みが生じる。そんな時、自身の考え方を変えることで悩みが軽減されるというもの。
中学生以上・教職員、経営者・幹部にお薦めの一冊。
 
< 菅野仁著 ちくまプリマー新書編 740円 >
 
20代に伝えたい50のことs
2018-09-27
大学在学中に地域活性化支援NPO法人「G-net」を創業し、中小企業と若者をつなぐインターンシップ事業を立ち上げた著者から、20代に対して50のアドバイス。同法人は、「行列のできる中小企業相談所」として紹介され、経済産業省から数々の賞を受賞。
36では、「10歳上の先輩の今、と今の自分を比べなくてもいい。10歳上の先輩の10前、と今の自分を比べればいい」とあります。
49「視野を広げたいなら本屋へ行こう」も印象的でした。
20代、経営者・幹部にお薦めの一冊。
 
< 秋元祥治著 ダイヤモンド社編 1,300円 >
 
ゴルフで覚えるドラッカー
2018-09-21
25歳からゴルフを始め、還暦を迎えるまで100前後のスコアを続けた著者が、ゴルフにドラッカー理論を応用したところ、僅かな期間で80切りを達成。
ドラッカー理論とは、「現状把握-目標設定-実践-成果との照合」の4つのプロセスの繰り返しです。
それをゴルフに取り入れるということはどういうことか。各場面に応じて解説しています。これで明日からのゴルフが楽しみに・・・?
ドラッカー理論を学びたい方、100切りを目指したい方、経営者・幹部にお薦めの一冊。
 
< 飯田利男著 ゴルフダイジェスト社編 1,000円 > 
 
 
血圧を下げる最強の方法
2018-09-13
高血圧をはじめとする循環器の専門医が自身の血圧を30年以上毎日24時間測り続け、血圧のメカニズムを解明するとともに、診療実績から導き出された方法を紹介しています。
 1 食べるだけで血圧が下がる方法10 
  2 習慣にするだけで血圧が下がる方法8 
 第3 要注意!日常にひそむ血圧を上げる要因5 
 第4 おいしい無塩レシピ
 第5 血圧を下げるツボとストレッチ  
高血圧に不安をお持ちの方・経営者・幹部にお薦めの一冊。
 
 < 渡辺尚彦著 アスコム編 1,300円 > 
 
ファイナンス思考
2018-09-10
「PL脳」と「ファイナンス思考」あまり聞きなれない言葉ですが、本書ではファイナンス思考の重要性を説いています。
PL脳とは、従来からあった売上至上主義・損益計算書を重視した経営です。一方、ファイナンス思考とは将来に稼ぐと期待できるお金の総額を最大化しようとする発想です。グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェイスブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)のことを米国では“GAFA”と呼びます。これら4社はファイナンス思考で経営判断しここまで大きくなったと解説しています。
本書では具体的に日本の企業名を挙げ解説しています。
経営者・幹部にお薦めの一冊。
 
< 朝倉祐介著 ダイヤモンド社編 1,800円 > 
 
テクノロジーがすべてを塗り変える産業地図
2018-08-30
2007年アップルからiPhoneが発売され、わずか10年で携帯電話がパソコンになりました。ファッション通販のZOZOTOWNでは、購入者の80%以上がスマホユーザーとのこと。
20年前に人気だった企業に就職していたらどうなったか?
この先、「AI(人工知能)にあなたの仕事が奪われる」というフレーズがここ数年でよく耳にします。
「電機」「自動車」「銀行」の未来を正確に予測してきたテクノロジーアナリストが「10年後に伸びる会社、消える会社」を解説しています。
経営者・幹部にお薦めの一冊。  
 
< 泉田良輔著 クロスメディア・パブリッシング編 1,480円 > 
 
読書という荒野 実践しなければ読書じゃない!
2018-08-21
ミリオンセラーを連発する幻冬舎代表の筆者は会社設立時、著名作家に執筆依頼するため、暗記するほど読み込み感想を送り続け信頼を得た。五木寛之にはじまり尾崎豊まで様々なジャンルにわたる作家との格闘を紹介。学生時代に読んだ高野悦子の「二十歳の原点」、奥浩平の「青春の墓標」に書かれた自己嫌悪と自己否定が仕事への原動力となったとのこと。 
読むべき本が感想とともに多数紹介され何度でも読み返したくなる本。
経営者・幹部にお薦めの一冊。
 
< 見城徹著 幻冬舎編 1,400円 >
 
看る力 アガワ流介護入門
2018-08-07
94歳で亡くなった父・作家阿川弘之氏を看取った経験と、3年半過ごしたよみうりランド慶友病院での出来事を同病院大塚宣夫会長と介護の在り方について語った対談集。
1.看る力・家族編 
2.看る力・夫婦編
3.看られる覚悟
「気力に体力を引っ張らせる」の項では、自分の体に「疲れているか?」「体調はどうだ?」と問いかけてみる。体はいつも「疲れている。ちょっと休ませてくれ」という。
そこで、1日休ませるとしよう。2日目に「もう回復したかな」と体に聞くと「まだ疲れが残っている。もう少し休ませてほしい」というので従ったとする。ところが3日目になるともう体力も気力もなくなる。“老人に過労死なし” 
介護従事者・経営者・幹部にお薦めの一冊。
 
< 阿川佐和子・大塚宣夫著 文春新書編 780円 >
 
お金2.0 新しい経済のルールと生き方
2018-07-30
最近の金融・経済動向は、フィンテック、ビットコイン、シェアリングエコノミー等々従来の経済理論では説明されてこなかった仕組みが浸透してきています。
インターネットの登場で世界中の情報が瞬時に検索でき、何でもできることが可能になりました。
コンビニは日本が最新と思っていましたが、中国ではセルフレジも存在しない完全無人のコンビニが登場したとのこと。すでに、中国は情報部門の最先端を行っているようです。
これからの資本・金融市場はどう変わるのか。
著者は資本主義の欠点を補った考え方として、価値を軸として回る社会「価値主義」という枠組みを提案しています。
経営者・幹部にお薦めの一冊。
 
< 佐藤航陽著 幻冬舎編 1,500円 >
<<千勝工業株式会社>> 〒321-0973 栃木県宇都宮市岩曽町1025-5 TEL:028-662-1549 FAX:028-662-7929