千勝工業株式会社|栃木県宇都宮市|流通店舗設計|総合建設設計施工|大型店舗|リフォーム|不動産

 
 

お奨めの一冊

お奨めの一冊
 
日本軍兵士 アジア・太平洋戦争の現実
2018-04-16
310万人に及ぶ日本人犠牲者を出した先の大戦。実はその9割が1944年(終戦1年前)以降と推算されています。 
しかも、敵弾で戦死したと思われるのは3割程度。残り7割は、自殺・他殺・事故死であったことが、戦後検証されています。
異常に高い餓死率、30万人を超えた海没死、体力が劣悪化した補充兵。
十分な装備・食料がなく、また、14歳以上の少年がわずか3ヶ月の教育期間で戦地に送られる。
戦争の悲惨さを具体的数字で解説しています。
今の平和な生活も73年前の事を忘れてはなりません。
学生・教育者・経営者・幹部にお薦めの一冊。
 
< 吉田裕著 中央公論新社 820円 >
 
世界最先端のマーケティング Amazonはなぜリアル店舗を展開するのか?
2018-04-13
パソコン・スマホがあれば何でもアマゾンで購入できます。ここ20年の間に商業環境が大幅に変わりました。これからの商業・生活環境を考えるうえでアマゾンの戦略は大変参考になります。本著では、アマゾンが実践する「チャンネルシフト戦略」について解説しています。
「チャンネルシフト戦略」とは、
オンラインを基点としてオフラインに進出し、
顧客とのつながりを創り出すことによって、
マーケティング要素自体を変革しようとする
戦い方です。
経営者・幹部にお薦めの一冊。
 
 < 奥谷孝司・岩井琢磨著 日経BP社 1,800円 >
 
 
山一證券復活を目論む男の人財力
2018-04-02
1997年山一證券廃業で突然職を失った業界No1営業マン。
当時千葉支店副支店長の職責にあり、部下・同僚の再就職に奔走し、支店全員の再就職を見届けて退社。その後いくつかの会社を経由し、使命感から職を失った仲間を助けようと人材会社を設立。
そこで、気づくのが「人脈と縁」の大切さ。
剣豪で知られる柳生家の家訓が紹介されています。
小才は、縁に出会って縁に気づかず  
中才は、縁に気づいて縁を生かさず
大才は、袖すり合った縁をも生かす 
経営者・幹部にお薦めの一冊。
 
< 永野修身著 河出書房新社 1,300円 > 
 
伊藤雅俊 遺す言葉
2018-03-27
イトーヨーカ堂・セブン&アイを築いた伊藤雅俊会長の人生観・後世に遺しておきたい大切なことを書き留めた名著。
家庭環境が複雑であったにもかかわらず、母と兄に愛情をもって育てられた幼・青年期。
母からいつも「お世話になった人に恩返しをしようと思った時、その人はもういない。だから、できる時に親切にしておやりなさい」と言われていたようです。
企業経営の根底には常にこの言葉があり、お陰でバブルの影響も受けず順調に企業経営ができたようです。 
経営者・幹部にお薦めの一冊。
 
< 伊藤雅俊著 セブン&アイ出版 1,800円 >
 
 
紙つなげ!彼らが本の紙を造ってる 再生・日本製紙石巻工場
2018-03-23
2011311日、日本製紙石巻工場は津波に呑みこまれ壊滅的打撃を受けました。地元の基幹産業である同工場の惨状を見た者は誰しも、「再建は無理」と思ったようです。
しかし、工場長以下社員全員が一丸となり、「半年後稼働」の目標を掲げ、20111026日一人の死傷者も出さず操業が再開されました。
本で指を切ることはありません。特別な加工を施されているからです。紙には色と臭いがあります。日本製紙石巻工場の社員は本を見ればどのマシンで造ったかがわかようです。紙に対する愛情と再建の苦労がが伝わるノンフィクション。
経営者・幹部にお薦めの一冊。
 
< 佐々涼子著 ハヤカワノンフィクション文庫 740円 >
 
一日一生
2018-03-15
約7年かけて約4万キロを歩く荒行「千日回峰行」を2度満行した、天台宗大阿闍梨酒井雄哉大僧正(201392387歳で逝去)のことば集。
太平洋戦争時に予科練へ志願し特攻隊基地・鹿屋で終戦を迎え、戦後職を転々とするがうまくいかず、縁あって40歳で得度。
職を転々としたところや、修行中・千日回峰行をしているとき何を考え苦行に耐えているか克明に解説されています。決して難しいことではなく、考え方・見方を変えることによって楽になっていく。
座右の書としてもお勧めです。
経営者・幹部にお薦めの一冊。
 
< 酒井雄哉著 朝日新聞出版 1,000円 >
 
人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊 
2018-03-08
英会話を勉強しなくても簡単にスマホで自動翻訳ができ、自動運転の車が町中を走行する時代になりました。AI(人工知能)の発展でこれから先、何が起こるのでしょうか。
今から30年後には、全人口の一割しか働かなく時代が来るかもしれないと予測しています。
また、これから先さらに需要が高まる仕事として、
①.クリエイティブ系(創造性)
②.マネジメント系(経営・管理)
③.ホスピタリティ系(もてなし)を挙げています。
経営者・幹部にお薦めの一冊。
 
< 井上智洋著 文春新書版 800円 > 
 
銀行はこれからどうなるのか 
2018-02-19
マイナス金利、地方銀行の再編、フィンテック、ビットコイン。最近頻繁に取り上げられる金融を取り巻く環境の変化。本書では、地銀、第2地銀合わせ現在106行ある銀行は、預金規模で今のメガバンク1行くらいの地銀グループが34グループに集約されると予測しています。
未来の銀行のあるべき姿として4つの型が紹介されています。
1.プレイベートバンク型
2.投資銀行型 
3.モバイル型  
4.クラウド型  
解説は本書をご覧ください。
経営者・幹部にお薦めの一冊。
 
< 泉田良輔著 クロスメディア・パブリッシング版 980円 >
 
挑み続ける人生 天才棋士加藤一二三
2018-02-15
最近テレビで「ひふみん」と呼ばれバラエティに引っ張りだこの加藤一二三九段
14歳でプロ棋士になり201762077歳で引退するまで、現役期間最長不倒の63年。史上最年少プロ棋士は今回藤井四段に破られるまで記録保持者。
あのキャラクターから想像できない葛藤の日々が描かれた勝負師の姿。
経営者・幹部にお薦めの一冊。
 
< 加藤一二三著 日本実業出版社 1,300円 >
 
男の作法
2018-02-13
池波正太郎といえば、鬼平犯科帳、真田太平記他昭和を代表する偉大な作家。
鮨屋へ行ったときはシャリだなんて言わないで不通に「ごはん」と言えばいいんですよ。
てんぷら屋に行くときは腹をすかして行って、親の敵にでも会ったように揚げるそばからかぶりつく。
勘定、人事、贈り物、酒・・・。豊富な人生経験を持つ著者が時代を超えた“男の常識”を語り継ぐ痛快な書。
経営者・幹部にお薦めの一冊。
 
< 池波正太郎著 新潮文庫 490円 >
 
<<千勝工業株式会社>> 〒321-0973 栃木県宇都宮市岩曽町1025-5 TEL:028-662-1549 FAX:028-662-7929