千勝工業株式会社|栃木県宇都宮市|流通店舗設計|総合建設設計施工|大型店舗|リフォーム|不動産

 
 

お奨めの一冊

お奨めの一冊
 
これからの日本の論点2021 日経大予測
2020-12-24
年末恒例の日経新聞社から出版される予測本。
日経新聞を代表するコメンテーター、ベテラン記者23人が自身の予測を展開。
 
論点は、①日本経済、②日本企業、③世界のこれからどうなる、で展開され各論点を23の視点で詳細に分析しています。
 
①では、新型コロナ感染拡大封じ込め、雇用、金融、財政の4ハードルから、政界の群雄割拠まで日本経済を取り巻く課題。
②では、コロナ危機を再出発の契機にできる企業が生き残れる。に始まり、「GAFA+マイクロソフト」が時価総額で「東証1部」を抜く時が来る。
③では、米中政治戦争のトンネルに入り、世界が分断の危機に陥るが、新型コロナの感染拡大は社会・経済変革を起こし、欧州ではこれを好機に「グリーン・リカバリー(緑の復興)」の機運が高まった。 
 
新型コロナは世界経済を一瞬で混乱に陥れ、乗り切るためには今までにない発想が必要とされます。
 
年末・年始の「ステイホーム」でじっくり読みたい本。
経営者・幹部にお薦めの一冊。 
 
< 日本経済新聞社著 日本経済新聞出版編 1,800円 > 
 
 
 
とちぎに生きる地域振興 陰の立役者 渋沢栄一
2020-12-18
わが国資本主義の父といわれ、現在のみずほ銀行、東京ガス、東京海上、東急はじめ約500社以上の企業を育て、600以上の社会貢献事業に関わった渋沢栄一。
その功績の種は、栃木県でも撒かれ今こそ県民がその功績を再確認すべき。 
 
主な栃木県での功績
日光東照宮、日光線鉄道敷設、柳林農社(真岡)経営、鹿沼の大麻、大谷石普及と帝国ホテル新館建設、織物のまち足利の発展等。
 
足利銀行本店頭取室には渋沢栄一の書による「信為萬事本」の扁額が掲げられています。
「信を万事の本となす」と読み、信用と信頼が事業の基本とする銀行ならではの書です。 
 
印象に残るのは、渋沢自身資本主義とは欧米流の個人利益第一主義であり、あまりいい意味では使っていなかったということです。
思想の根底にあったのは、まず公益を第一に考え、それから自分の利益が回ってくる「合本主義」にあり、その結果が、多くの事業に結びついたようです。 
 
栃木県民、経営者・幹部にお薦めの一冊。  
 
< 下野新聞社著 下野新聞社編 1,600円 >
 
 
 
いかなる時代環境でも利益を出す仕組み 「15の選択」で会社は変わる
2020-12-09
新型コロナウィルスでマスクを日本一供給した(できた)企業。 
月産6000万枚体制が、瞬時に1億2000万枚供給可能に。
 
最近ホームセンターへ行くと「アイリスオーヤマ」のコーナーが目につきます。 
園芸用品、LED照明、収納家具、調理器具、各種家電他ホームセンター向け売り上げが前期の2倍で推移しています。
自社製品だけで25,000点以上の多品種を生産しています。
アイリスグループの売り上げは前期比40%増の約7000億円を見込んでいます。
 
これだけの多品種生産する「生産体制」が気になります。 
その裏には、従来の経営手法と真逆ともいえる発想があります。 
 
〇フォーカスするのは、①「買う人」②「使う人」
〇絞るのは、①「自社の強みに絞る」、②「自社の強みを絞らない」
〇強みは、①「固有の技術」、②「固有の仕組み」
〇上げたいのは、①「稼働率」、②「瞬発力」 
〇選択は、①「選択と集中」、②「選択と分散」 
〇経営情報は、①「独占」、②「共有」 
〇PCDAの要所は、①「PLAN」②「ACTION」 
〇業界は、①「守るべきもの」、②「壊すべきもの」等々 
 
経営者・幹部にお薦めの一冊。
 
< 大山健太郎著 日経BP編 1,600円 >
 
勝間式ネオ・ライフハック100  自由で快適な未来が手に入る
2020-11-30
新型コロナウィルスの大流行でライフスタイルの大転換を余儀なくされました。
著者曰く、働き方も暮らし方も、コミュニケーションの取り方も、変化に逆らうのではなく、変化を味方につけるのが最大のポイントと説いています。
 
効率化の手段として使える“Google Keep”アプリは参考になります。
また、水の解説では「ウォーターサーバー」「ミネラルウォーター」「水道水」の安全性が紹介されています。
今まであたり前と思っていたことを、この機会に見直すことにより新たなライフスタイルが受け入れられます。
 
1、問題解決・目標達成ハック! 
  (自分一人でがんばるな。環境と仕組みに注力しよう)
2、時間管理ハック!
  (快適な自由時間はいくらでも生み出せる)
3、インプット・アウトプットハック! 
  (情報を正しく取捨選択しよう)
4、お金ハック! 
  (一歩踏み出すだけで、ラクラク貯まる)
5、思考法ハック! 
  (考え方を変えれば、どんどん幸せになる)
6、人間関係ハック!
  (良好な人間関係が人生を楽しくする)
7、片付け・料理ハック!
  (ロジカル家事で生活を豊かにしよう)
8、ヘルスハック!
  (健康管理こそ未来への最大の投資)
 
経営者・幹部にお薦めの一冊。 
 
< 勝間和代著 KADOKAWA編 1,400円 >
 
 
 
奇跡の職場 新幹線清掃チームの“働く誇り” 
2020-11-19
新幹線に乗るとき一列に並び、乗客に挨拶し、7分間で掃除を仕上げるプロ集団がいます。
 
“テッセイ”と呼ばれ、いままで3K(きつい・きたない・危険)といわれていた職場が、今ではハーバードビジネススクールやCNN、ディズニーランドから取材・見学を受ける職場に変身しました。
 
著者自身国鉄に入社し、現職場の鉄道整備株式会社に移動を命じられた時は、
「あんなところへ行くのか・・・?」
一方で「どうせ行くなら、楽しい会社にしたい!」の思いから、清掃スタイルに大変革を起こします。
 
社内清掃を「新幹線劇場」と言い換え、服装も従来の清掃作業服ではなく、明るく動きやすい服に切り替え「お客様にテッセイが掃除していると思わせないこと」を心がけている徹底ぶり。
 
「一流の戦略をいい加減に実行するよりも、二流、三流の戦略を確実に実行するほうが効果的である」という。
 
いま言われている社内改革の観点からも参考とすべき名著。 
 
経営者・幹部にお薦めの一冊。  
 
< 矢部輝夫著 あさ出版編 1,400円 > 
 
 
 
運を支配する なぜ運は特定の人に集中するのか? 
2020-11-09
2,000年に26歳の若さで上場を果たしたベンチャー企業の雄サイバーエージェント藤田晋代表とマージャンのプロとして26年間「無敗」の記録を持つ桜井章一雀鬼の勝負に対する「考え方、心構え」を“39のツキの極意”で解説。 
 
さまざまな場面で、「運」がいい、「ツキがある」と思われることがあります。
なぜ、同じ場面であるにも関わらず、それがあるのか?
 
何をしてもうまくいかない「スランプに陥る」ことがあります。そんな時は、「無駄な動きをせず」意識的に「間」を置くことが何よりの解決策と解説。困難に陥る要因は自身の行動から発せられるものでありそれを軽減・解決する方法が書かれています。
 
1章 ツキを整える
シンプル、変わり目、自滅、逆風と順風、力み、見切り、運の総量 
 
2章 運をつかむ人の習慣 
型を壊す、勝負所、ゾーン、答え、修羅場、気分、勝ち続ける極意、絶対、直感 
 
3章 悪い流れを断つ 
誘惑、スランプ、ツキと雑用、開き直り、プジティブ思考、努力、思い込み、心の揺れ心の囚われ、基本
 
4章 ツキを持続させる 
終わりと始まり、流れ、リスク、真面目、逆境、なんとかなる、楽 
 
5章 運をまねく作法 
借り、ミス、準備、空気、不調、勝者の役割
 
「負けの99%は自滅」、「絶好調は本来の自分ではない」の言葉は印象的でした。
 
経営者・幹部にお薦めの一冊。
 
< 藤田晋 桜井章一著 幻冬舎新書編 800円 >
 
 
 
悩むが花 大人の人生相談
2020-10-28
作家、伊集院静の痛快人生相談傑作集。
人間誰しも悩みのない人はいません。
大人から子供まで、あらゆるジャンルの相談に明快に応えています。 
 
Q:「逆ギレされたらどうするか?」
電車で老人に席を譲らなかったり、騒いでいたりしている若者をみると無性に腹が立つとオヤジからの相談。
A:注意する方が、おどおどせず堂々と注意すればその正義感に回りも賛同し応援してくれる。
 
Q:大きなプロジェクトを任されることになりました。ノウハウも自信もありません。
大仕事に向かう意気込みを教えてください。
A:当り前じゃないか。君はまだ25歳だろう。その仕事をまかせた上司はそんなことは百も承知だよ。なのになぜ、君が選ばれたか。
それは、君に新しい、今までにない可能性を見たからだろう。
 
Q:35歳。結婚したいのですが、集まってくる男は気弱で、私より仕事ができない奴ばかり。どうすれば頭のキレる素敵な男性に出会えるのでしょうか。
A:君は妥協をしない女だろうから、自信満々の男と暮らしたら、すぐに相手のダメなところが見えてしまい、それをなおそうとしても相手の自信家は折れないだろう。 
そんな組合せの結婚は破局が目に見えているだろう。
どっちにしても今の君はツマラン女だよ。(抜粋)
 
あらゆるジャンルがあり、考え方、アドバイスの参考になります。
 
経営者・幹部にお薦めの一冊。 
 
< 伊集院静著 文芸春秋編 800円 >
 
 
 
生きている会社、死んでいる会社
2020-10-16
イソップ童話に「3人のレンガ職人」の話があります。 
「何をしているのか」と問われ、それぞれが「生活のためにレンガを積んでいる」「レンガを積んで壁をつくっている」「教会を建てている」と答えが返ってくる。
 
「レンガを積む」だけでは単なる「タスク」(作業)。しかし、「教会を建てる」という目的を意識すれば、それは「ミッション」(使命)へと変わる。
 
「生きている会社」で働く人たちは「ミッション」を遂行しているのに対し、死んでいる会社」の社員たちは「タスク」をこなすだけに日々追われている。(抜粋)  
 
著者自身上場企業、米系コンサルティング会社をへて世界的コンサルタント会社ローランド・ベルガー日本法人会長。複数上場企業の社外取締役も兼務。 
 
第1章 「会社とは何か」を明らかにする  
第2章 創造的新陳代謝 
第3章 「会社の構造」を正しく理解する
第4章 「生きている会社」の必要条件
第5章 「生きている会社」は「熱」を帯びている 
第6章 「生きている会社」は「理」を探求している 
第7章 「生きている会社」は「情」に充ち溢れている
第8章 実践すべき「10の基本原則」 
第9章 「突破するミドル」をつくる 
第10章 経営者の仕事とは何か
 
経営書は溢れるほどありますが、実務で培った「説得力」には「納得」できます。
経営者・幹部にお薦めの一冊。
 
< 遠藤功著 東洋経済新報社編 1,800円 >
 
 
 
 
 
お金の流れで探る現代権力史 「世界の今」が驚くほどよくわかる
2020-10-09
戦後75年この間に今の世界秩序が形成されました。
小中学校の歴史では近現代史を学ぶ機会は少なくニュースを聴くたびになぜ?と思うことがあります。
 
そんな疑問の一部を解消し、人に語れる知識を学べる興味ある本。
 
〇なぜ共産圏は崩壊したのか?
〇なぜ貿易赤字続きのアメリカが、超大国としての立場を維持しているのか? 
〇なぜアラブ人は、欧米を目の敵にしているのか? 
〇なぜEUがつくられたのか?そして、なぜイギリスはEUを離脱したのか? 
〇なぜタックス・ヘイブンは放置されているのか? 
 
英米が中東のオイル採掘技術を提供したことにより、アラブを再興させ巨大なオイル・マネーが世界を凌駕。
その「資源・マネー」に世界が群がり紛争が起こる。
 
このウラを、各国の事情・思惑から見ていくとうなずけます。
 
利権が世界を動かしているとは思いたくありませんが、現実は? 
 
近現代史に興味ある方、経営者・幹部にお薦めの一冊。 
 
< 大村大次郎著 KADOKAWA編 1,400円 > 
 
 
 
 
自分の名前で仕事がひろがる「普通」の人のためのSNSの教科書 
2020-09-29
SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)とは、Twitter(ツイッター)、Facebook(フェイスブック)、Line(ライン)やInstagram(インスタグラム)などネット上で、誰かと繋がり、日記を書いたり、誰かの日記にコメントをつけたりすることで、情報交換や会話を楽しむことができるものです。  
 
著者は、新卒で入社した巨大企業で営業マンとして3年働きましたが、評価されず退職。
IT系コンサルティング会社に転職するも1年で退職。
することもなくゲーム三昧で廃人同様の生活を経験した時に、SNSに出会い、人生を救われたとのこと。 
 
本書では、普通の会社員が、①自著を出版、②ヘッドハンターからスカウトメールが届く、③全国放送のテレビに出演した、④大学講師として呼ばれた、⑥会社を興し超一流企業の国内事業パートナーに選ばれた等々。自身の経験をもとにSNSでの具体的情報発信方法が記されています。 
 
〇Twitter:140文字が限度、短文で表現したい人や交流したい人
〇Facebook:実名登録、リアルな友人知人と交流したい人
〇Line:基本は一対一、たまにグループでやりとりがしたい人 
〇Instagram:自分の撮った写真を見てもらいたい人
 
SNSのテクニック解説とともに、これらを知ることで新たなビジネス展開が予想される異色の本。 
経営者・幹部にお薦めの一冊。
 
< 徳力基彦著 朝日新聞出版編 1,400円 >
 
 
<<千勝工業株式会社>> 〒321-0973 栃木県宇都宮市岩曽町1025-5 TEL:028-662-1549 FAX:028-662-7929